WATCHES / STORY

CODE 11.59 バイ オーデマ ピゲ
最新コレクションの革新性を徹底解析
STORY 8

2021.05.31

SPECIAL MOVIE

SPECIAL MOVIE

“ハカセ”と呼ばれる時計業界のご意見番、時計専門誌「クロノス日本版」編集長、広田雅将と、MCとして活躍する寺田有希がお届けするスペシャルムービー「時計のはなし」。今回は最新コレクション「CODE 11.59 バイ オーデマ ピゲ」(以降、CODE 11.59)の革新性に迫る。

こちらは「時計のはなし 2021 EPISODE 2」のショートムービーです
フルムービーはページ下部をチェック

今回の「時計のはなし 2021 EPISODE 2」では、オーデマ ピゲの“3本の柱”のひとつ、CODE 11.59について解説していく。前半は、巧みに構築されたデザイン、あらゆるシーンにマッチする汎用性、30種以上の豊富なカラーバリエーションやモデルなど、「最も重要なコレクション」と位置付けられるCODE 11.59の革新性を紹介する。後半は、オーデマ ピゲの製品開発責任者であるソフィア・カンデイアスが登場し、その開発秘話を披露。また、CODE 11.59の時計工房を撮影した貴重な映像もお届けする。

最新コレクション
CODE 11.59の魅力とは

オーデマ ピゲを代表するモデル「ロイヤル オーク」。だが、最近では、オーデマ ピゲのファーストウォッチとしてCODE 11.59を選択する人が増えているという。

「ロイヤル オーク」は、当時のドレスウォッチのトレンドに逆行し、スポーティな時計をラグジュアリーな時計に近づける試みだった。一方でCODE 11.59は、ベーシックでシンプルなドレスウォッチをスポーツウォッチに近づける試み。奇しくも「ロイヤル オーク」が牽引してきたラグジュアリースポーツウォッチのトレンドから、真逆を突き進むチャレンジだ。

今回のエピソード2では、そんな独立企業ならではのユニークな精神から生まれた最新のコレクションを、洗練されたデザインから最新のキャリバーまで徹底解説する。

開発責任者ソフィアが語る
CODE 11.59の誕生秘話

エピソード2の本国からのビデオレターとして、オーデマ ピゲのプロダクト&デザイン企画部門責任者ソフィア・カンデイアスが登場。前述のように、常に限界を越えようと挑戦し続けるオーデマ ピゲは、絶対的な品質の高さとイノベーションを常に追求し、それはプロダクトの開発において顕著に表れる。

自社製ムーブメント、独特のダイヤルカラー、ミドルケースの素材に採用したセラミックなど、CODE 11.59の開発秘話をソフィアが語る。広田氏もオーデマ ピゲがいかにプロダクトにこだわっているか、独自のエピソードを披露する。

「時計のはなし 2021 EPISODE 2」

フルムービーはこちら

PROFILE

MASAYUKI HIROTA

広田雅将

腕時計専門誌「クロノス日本版」編集長。メンズ誌への寄稿から時計ブランド、時計専門店で講演会を行う、業界イチの博学な時計ジャーナリスト。その知識の豊富さから、付いたあだ名は"ハカセ"。

「クロノス日本版」CODE 11.59の特別記事はこちら

YUKI TERADA

寺田有希

ベンチャー女優、タレント、司会。YouTubeチャネル「ホリエモンチャネル」や「B.R. channel」のMCを務めるほか、初書籍『対峙力』が1万8000部を達成。オンラインコミュニティ「STAGE」も運営する。

BACKNUMBER

STORE

店舗で商品を見る

RECOMMEND

「ロイヤル オーク」誕生50周年
レディースモデルの誕生秘話と最新コレクション

オーデマ ピゲを着る 2021 SPRING/SUMMER

“CODE 11.59”と“ロイヤル オーク オフショア” 2020年新作にみるオーデマ ピゲの革新性

お問い合わせ
お問い合わせ